うつになっても気になるお金問題!うつ病保険で不安を少なくしよう

サイトメニュー

うつ病で受けられる保険

医者と看護師

3種類のうつ病保険

うつ病でも条件を変えたりする事で加入する事ができる保険はあります。しかし通常の健康保険に比べるととても数が少ないのが現状になります。ではどのような保険に加入する事が出来るのかを説明していきます。まずは比較的条件が優しいと言われている「引受基準緩和型保険」になります。こちらは加入条件が通常の健康保険よりも優しく、持病を抱えている人でも加入しやすいのが特徴です。また、うつ病以外にも対応している病気や怪我の種類が多いため、万が一別の病気で入院・手術をしなくてはいけない場合にも適応してくれるのがありがたい保険になります。しかしその分保険料が割高で設定されているため、保険料の確認が必須になります。次にオススメされるのが「無選択型医療保険」になります。こちらは引受基準緩和型保険と同じように保険料が割高で設定されています。しかし、現在の健康状態や過去の病気・怪我を記した告知書の提出が不要となっている保険になりますので、うつ病の患者でも比較的加入しやすい条件の保険になります。ただ、加入してから一定期間は受け取れる保険金が通常の保険よりも少額になってしまう事があります。期間などは保険会社によって差が出る事もありますので、受け取れる保険金などの内容も加入時に質問しておくといいかもしれません。そして最後にオススメするのが「指定疾病不担保制度」になります。この制度は持病を抱えているまたは過去に病気になった事があるという人が加入しやすいように定められている制度になります。今まで紹介してきた2つの保険に比べると比較的に保険料が安く抑えられるメリットがありますが、「特定の病気を不担保にする」という条件がかかります。そのため、申請を行う際には自分がどういった病気で症状がどのようなものかをしっかりと申告する必要があります。たとえばうつ病の患者さんがこの制度に加入した場合、「うつ病」に関係する治療費、入院費、薬代では保険金を受け取る事ができません。しかしそのかわり、それ以外の病気・怪我では通常の健康保険と同じように保険金を受け取る事が出来るというシステムになります。このようなうつ病保険を利用する事で少しでも「お金」という精神的負担を減らす事ができるようになります。また、うつ病の症状によっては通常の健康保険が加入できる可能性もあります。そのため、これらの保険や制度を試す前に一度通常の健康保険の加入審査を受けてみるのも1つの方法です。この時に重要なのが最初から「病気だから」と諦めてしまい、保険加入の申請を行わないという方法です。確かに保険加入は難しいかもしれませんが、保険加入の窓口にて担当者に相談する事で意外な方法を見つけられる事があります。万が一保険加入は無理だろうという状況であっても、直接相談してみる事も保険加入では大切なのです。保険会社の窓口にいる担当者は「保険のプロ」とも言える相手ですので、先程紹介した3つの保険以外にもうつ病保険として加入できる方法を教えてくれるはずです。

Copyright© 2019 うつになっても気になるお金問題!うつ病保険で不安を少なくしよう All Rights Reserved.