うつになっても気になるお金問題!うつ病保険で不安を少なくしよう

サイトメニュー

うつ病で保険加入は難しい

聴診器

加入が難しい理由を知ろう

うつ病などの精神疾患は治療に時間がかかります。また、たとえ改善したとしてもその後悪化する恐れも潜んでいるため、症状の度合いによっては改善・再発を繰り返す事になります。そのため、かかる費用を少しでも改善させたいと保険に加入しようと考える人も多くいます。しかしうつ病を発症したあとに保険に加入するのは難しいと言われています。その大きな理由は保険とは「病気になった時の保障」という目的から作られているものだからです。そのため、うつ病保険だけでなく多くの保険が病気になったあとに加入する事は難しくなるのです。ではここでうつ病と診断されたあとの生命保険加入条件を簡単にまとめてみます。まず一度でもうつ病と診断されてしまうと、3つの条件のうちどれかに適している必要があります。「うつ病が完治してから5年以上経過」「5年未満であるが医師から問題ないと診断されている」「うつ病の症状はあるが症状が軽いため経過観察となっている」という条件です。これらの条件が満たされていれば加入の可能性があります。しかし全ての保険が加入できなくなるわけではありません。審査を受けて病気の人も保険加入が可能な事もありますが、「告知書」と呼ばれる書類を提出する事で加入可能化を判断してもらう事もできるのです。告知書とは現在の健康状態と過去に病気・怪我をした事がある報告をするものになります。この方法を取る理由として、全く病気・怪我をしていない保険加入者と過去に病気・怪我をして再発の恐れがある保険加入者が毎月同額の保険料を支払うとなると健康な加入者には不利な条件となってしまいます。そのため、この告知書を元に加入者が毎月払うべき保険料を設定する事で、全ての保険加入者を平等にする意味が込められています。この時に万が一嘘の申告をした場合、虚偽申告となるため保険金詐欺になる恐れがあります。そうなると保険金を受け取れないだけでなく刑事罰に問われる事になりますので、絶対に隠さず申告する必要があります。しかし、素直に告知書を提出しても審査の結果加入できないという場合も無きにしもあらずなので、そういった時のために保険会社は1社で決めるのではなくうつ病保険が加入できるなどの情報がある保険会社を2~3社ピックアップしておくといいかもしれません。保険会社の加入条件は多くが似たようなものですが、細かな部分に目をやると会社によって違いが出てきます。その中から自分でも加入できそうだと感じる条件を見つけ出すのも保険に加入できるチャンスに繋がるはずです。また、通常の加入条件以外にも「保険料の支払いが多め」「保険金の減額」と言った特別な条件をつける事で加入する事ができたという事例もありますので、検討してみるのもいいかもしれません。そしてこの特別条件の中には「特定部位不担保」と呼ばれるものがあります。この条件は読んで字の如く特定の部分を保障の対象外にする事で加入する事ができます。うつ病であれば「うつ病に関わる入院・薬代などを保障しない」という条件です。こういった方法もあるのだと知っておけば最終手段として用いる事も可能です。

Copyright© 2019 うつになっても気になるお金問題!うつ病保険で不安を少なくしよう All Rights Reserved.