うつになっても気になるお金問題!うつ病保険で不安を少なくしよう

サイトメニュー

うつ病で受けられる手当

診察

うつ保険と合わせて知っておきたい公的手当

うつ病保険が受けられると言っても、実際には受け取れる保険金が少なかったりうつ病関係では受け取れない場合があります。それではお金の不安を解消する事は難しくなります。ではどうしたらいいかといえば、うつ病患者が受けられる公的手当を受ければいいのです。この方法を使えば、たとえ受け取れる保険金が少なくても問題はありませんし、うつ病関連で保険金を受け取らない場合であっても生活や治療費の心配が軽減されます。ではどういった公的手当があるのでしょうか。まず初めに「自立支援医療」と呼ばれるものがあります。こちらは精神科で治療を受ける際の費用が一部負担してもらえるという制度になります。この手当を利用する事で、自己負担額が更に減額されるため経済的な負担を減らす事ができるようになります。この手続きは各市町村の窓口にて行う事ができるので、自分の暮らす市町村へ問い合わせて見るのもいいかもしれません。しかしこれだけでは安心できないと感じる人も少なくはありません。そんな時に利用すべきなのが生活費を保証してくれる手当になります。これには複数の種類があり、「生活保護」「特別障害者手当」「障害年金」「傷病手当金」といったものがあります。それぞれに怪我・病気によって働くことが困難になり、生活に支障が出ている人のために作られている手当になります。申請方法や条件などはそれぞれで異なりますが、多くが20歳以上から受ける事が可能となっています。そして最後に検討したいのが「税金を安くする制度」になります。確かに様々な手当を利用して生活が出来る状態を維持しても、税金が多くかかるとそこへお金が流れてしまい、結局苦しい生活になってしまいます。ではうつ病を発症した際にどういった事ができるのかというと、「障害者控除」と呼ばれる税金控除制度があります。この制度の対象は主に「身体障害者手帳3級から6級」「知的障害を持つ」「健康保健福祉手帳2級から3級」になります。この他にも特別障害者控除と呼ばれる制度もあり、こちらは障害者控除とは控除額が異なります。その理由は「身体障害者手帳1級から2級(最重要度)」「重度の知的障害を持つ」「精神保健福祉士手帳1級(最重要度)」といった重度の症状により、日常生活にも支障を期待してしまうレベルの患者さんになるからです。この場合、家族が介護をするという状態になる事も少なくないため、患者さんだけでなく家族も仕事が出来ていない恐れもあるからです。これらの対象はきちんと申請を行う事で、所得税や住民税を控除できます。また、この制度以外にも精神保健福祉手帳を所持している事で様々な支援を受ける事ができます。

精神保健福祉手帳を所持している場合に受けられる支援

・NHK料金の割引
・税金の控除または減免
・生活福祉金の貸付
・公共交通機関などの割引
・水道料金の割引

確認する事で不安は和らげられる

うつ病になってしまうと確かに保険に加入する事が難しくなります。しかしそこで諦めてしまうのではなく、病気を持っていても加入する事ができる保険を探してみたり、公的に受ける事ができる手当などを探す事が大切になります。また、こういった情報を探すのは一人ではとても大変な事です。そんな時こそ、家族に病気を相談し一緒にサポートしてもらう体制を作り上げていくといいかもしれません。また、保険や公的手当に関して分からない点などが出てきたら市町村の専門窓口を利用する事で解決する事ができます。不安を少しでも取り除き、うつ病を克服できるように準備をしましょう。

Copyright© 2019 うつになっても気になるお金問題!うつ病保険で不安を少なくしよう All Rights Reserved.